なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもたちをまんなかにして

学童総会、おつかれさまでした。新しい体制でまたスタートします。1年間よろしくお願いします。
2014年度役員のみなさん、おつかれさまでした。
学童総会、色々話もあり、各担当や役割も決まり、ありがとうございます。色々わからないこともいっぱいあるかと思います。みんなで助け合って、子どもたちを真ん中に盛り上げていきましょうね。
保育もしっかり頑張ってやっていきます。

みんなで力をあわせてカプラの塔作ったよ!!

25日の土曜日、子どもたち4人で、カプラで1つものをつくりました。約2m50cmぐらいの高さのカプラの塔を作りました。4年生のKKくんを先頭にして、みんなで完成させました。KKくんたちと一緒に作った1年生のFMちゃんは、「すごく、たのしくておもしろかった」と、話をしてくれました。
このカプラは、大人気の遊びのひとつになっています。みんなはこの一組しかない中で、どう遊びをするか。独り占めか、それともみんなで……。

おやつは「おこづかいがいい」

子どもたちの楽しみであるおこづかい!
「今日、おこづかい?やった!」
「えっ、今日おこづかいなん?」
「そうやで、やめようか?」
と、指導員が言うと、「それはぜったいイヤ!」と、こどもたち。
「毎日、おこづかいかったらいいのになぁ……」
そんな声が返ってきます。上級生たちは、1年生たちを店まで連れて行ってあげる仕事があって、帰るものを教えてあげながら、計算します。その後に、お店の人のところに行って、もう一度、計算してもらいながら袋に入れて一緒に帰ってきます。1年生も今、ひとつひとつ、これとこれは買えるというのがわかってきました。
スポンサーサイト
3年生会議、高学年会議

3年生になったYIちゃんが、2年生の終わりくらいから「3年生になったら3年生会議をやってもいい?」と話をしていました。
そのYIちゃんはさっそく他の3年生たちに声をかけて、みんなが行ける日程を聞いていました。積極的に動いてみんなをまとめてくれます。
その呼びかけもあって、4月の最初に3年生会議をやりました。YIちゃん、何を話し合うか考えていたのです。3年生活動で、どんなことをやりたいかをひとりひとりに聞きながらやってくれています。意見は、おやつ作り、サイクリング、お泊りがしたい。いろいろ思いを出し合う3年生たちです。3年生はみんなで12名います。
今回、自主的に自分たちで決め、これまで2回の会議を行いました。会議の内容も決め、自主的にやる3年生たちの姿があります。
こうして自分たちで動き始めた3年生が楽しんでやっていきたいです。

新高学年でスタートした中で

今年度6年生がいないことから、高学年活動経験がある一人の5年生と、新しく高学年になった7名の4年生たちです。5年生のMSちゃんの呼びかけで、高学年会議をやりました。高学年も自主的に会議を自分たちでやり始め、自分たちのやりたい取り組みを出しあっています。
今、いろいろなやりたいことをもう少し出していきながら、それは何のためにやるのか、1人1人がどんな高学年でありたいのかを引き出していきながら、指導員もまず最初にしっかり関わり、こどもたちのものにしていきます。高学年がまず楽しい取り組みをして、高学年同士も自分たちで活動をやっていけるように支援や援助をしていきます。

1年生も学校生活はじまって!

14名の1年生たち、元気いっぱいです。学校生活も始まり、学童生活の両立、そろそろ慣れてくるところでもあり、疲れも出始めています。
今年は、久しぶりに生魂小の児童も学童にきてくれています。雨の日も遠い道のりをかけてランドセルをゆらせながら帰ってきます。足取りが重くなることもあるでしょうが、「学童に行ったら○○がしたい」と、思いを膨らませながら帰ってこれる、そんなきもちにしていけたらと。

2年生のあこがれ

3年生や高学年が会議をやっている中で、それを見て2年生たちも指導員に、「2年生も会議していい?」と聞いてきました。
「なんでやりたいの?」と聞くと、「だって、3年生や高学年もやってるから、2年生もやりたいもん」と、話をしてくれます。
話し合いが羨ましいようです。
2年生は2年生で横のつながりも大切にしたいので、会議というよりも、お話し会をやりたいと考えています。また、1年生も今週には、1年生のお話会をやる予定です。学童に入って、どんな気持ちなのか、やってみたいことを1年生同士でお話をしたいとおもいます。
今年度もよろしくお願いします。「たのしい、おもしろい、うんなるほど、そうだったのか」と思えるような『なかよし』にしていきます。また、何よりも、子どもたちの内面が伝わってくればと思います。

あそび ともだち はじける生活

春休みが終わってしまいました。子どもたちも、「えっ、もう春休み終わるの……?」と、ため息。
さぁ、今日は始業式、子どもたちはどんな気持ちで登校したでしょうか。新しいクラス、新しい先生、子どもたちも不安と緊張もあることでしょう。「○○組になった」「○○先生になった」「○○ちゃんと別のクラスになった」と、語ってくれるでしょう。

新しい友達がやってきたぞ!!

3月29日、入卒所式、無事に終えることが出来ました。心からお礼を申し上げます。手作り感のあるものを心がけましたがいかがでしたか――。
さて、新しい1年生の仲間たちは14名を迎えました。4月1日も全員揃い、自己紹介をしました。そして、今日から新3年生の児童が入所してきたので、みんなで新しい仲間が15名を迎えることになります。全員で45名になります。一人ひとりが輝けるようにしていきます。色々なドラマがはじまります。おもしろ学童にしていきます。

新しい班でスタート

3月30日、新高学年で高学年会議をしました。班編成について話し合いました。人数的なことや、習い事が重ならないよう調整して決めていきました。みんなで確認しあい決定しました。

あそびいっぱい

この春休み、色々なあそびをやりました。外遊びでは、ドッジボール、おにごっこ、まりつき、遊具での遊び、また、天大中小という遊びなどをやりました。部屋では、卒所生からプレゼントしてもらったカプラ、けん玉、こま、お絵かき、トランプ、おりがみなど。自分の要求に合わせた遊びの展開をさせました。

子どもたちは……

さて、その中で1年生は、入所してきた初日から、こまやけん玉をやっていました。大皿や中皿……。こまはひもを巻き、なかなか最初はまわせなく、でもあきらめずに回そうという姿が見えました。
上級生の子どもたちも1年生に関わりながら、教えたり、励ましたりする姿がありました。
2年生は1年生が入ってきたことで、少し、えらそぶる姿もありながらも一緒に遊んだりしてくれ、おこづかいの時も買い方を教えてあげたり、自分たちが1年生の時にやってもらったことを、今度はしっかりとまでいかなくとも、1年生の子に伝えてくれています。
今、「楽しいな」「おもしろいな」「こんな遊びあったの」と、この4月の生活の中でつくっていきたいと考えています。遊び心と仲間意識を豊かに育むようにしていけるよう指導員として努めていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。