なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年末になりますが、中央・天王寺区の3学童合同で「冬の合宿」を行いました。

「冬の合宿」は冬休みの行事の1つで、子どもたちと指導員で行う宿泊行事です。本年度は、神戸市の六甲山に行ってきました。

家から離れ大人も指導員だけということで、特に初めての参加となる低学年の子どもたちは少し緊張しているところもありました。
しかし、同じ経験をした上級生がしっかりフォローしてくれたことで、いつの間にかそんな緊張もなくなり、元気な笑顔を見せる子どもたちの姿がありました。こういった上級生の頼もしさも学童の魅力です。

1日目は、「六甲牧場」であそんだり、施設で焼き板を作ったりしました。また、夜にはゲーム大会もあり、3つの学童の子どもたちが交流を深めながら盛り上がっていました。

2日目は、施設の近くのアスレチックに行きました。本格的なアスレチックで、大人でも息があがるものでしたが、頂上から見える景色はそこまでの疲れを吹き飛ばす清々しいものでした。

冬の合宿2015

その後、焚き火で作った焼き芋を食べたりと、2日間という短い期間でしたが、六甲の自然の中で普段はできない様々な体験ができた「冬の合宿」となりました。
スポンサーサイト
今日のおやつは「てづくりおやつ」で、おしるこでした。

日に日に寒くなっていく中、温まりながらみんなで美味しく食べました。

おしるこ 2016 01
先日、おやつでコーンフレークを食べました。

チョコレートで味付けされているものをそのまま食べることはよくあるのですが、牛乳をかけて食べるのは久しぶりです。

コーンフレーク 2016 01


さて、そのおやつの中で、なかⅡを二分する大激論が勃発しました。それは、コーンフレークに牛乳が染み込んでいない「サクサク」の間に食べるか、牛乳をしっかり染み込ませて「ジュクジュク」になってから食べるか、というものでした。

サクサク派が「コーンフレークの食感を楽しめるやん!」と訴えると、ジュクジュク派が「いやいや、牛乳の味もしっかり染みるのが最高や!」と熱弁し、一歩も譲りません。

意見はまっぷたつですが、共通の見解は「コーンフレークは美味しい。」ということで、お互いにやいやい言いながら、楽しそうにおやつを食べる姿がありました。

子どもたちにとって大きな楽しみであり、身体の成長にも欠かせない「おやつ」ですが、学童保育のおやつの時間はこのように、同じ場所で同じ時間にみんなで同じものを食べることで得られる、コミュニケーションの時間としても大切にしています。
天王寺・中央区の4学童合同の行事として、「けん玉認定会」を行いました。

学童では「伝承あそび」の一つとして、けん玉に積極的に取り組んでいるのですが、
その取り組み方の中に、認定というものがあります。

文字通り、練習したけん玉の技がどれだけできるかを、「日本けん玉協会」の公式な認定を参考にして、指導員や技ができる上級生に見てもらい、できるようになったら次の技に挑戦していく設定的な取り組みです。

なかⅡでは、「けん玉認定」の期間を年に1回以上設定しており、その期間の前後はけん玉のあそびがとても盛り上がります。

基本的にけん玉は「あそび」なので、あそびそのものを楽しむのが第一です。

しかし、認定の取り組みの中では、どれだけ練習していても自分の思うように技ができなくて、楽しさよりもしんどさの方が大きくなる事もあります。

それでも、取り組み続ける中でそういった「できなくて、くやしい。」という気持ちが、「できるようになりたい!」という想いに繋がり、一緒に取り組む子たちと、時には競いあい、時には教えあいながら練習を重ね、やがて今までできなかった技もできるようになる事で、大きな達成感とともに、「けん玉」がますます好きになっていきます。

そんな「けん玉認定」ですが、今回は4学童合同で行い、自分の学童以外の指導員にも技を見てもらうという、いつもと違った緊張感の中で参加した子どもたちはそれぞれの目標に向けて、認定に取り組んでいました。

認定がおわった後には、全員で音楽にあわせて「もしかめ」を一斉に行い、けん玉を大勢で楽しめる1日になりました。

その翌日。認定の日に休んでいた子も一緒になり、けん玉であそぶ子どもたちの姿がありました。今年もけん玉のあそびが盛り上がりそうです。

写真は、今回の認定で子どもたちに配布した、合同認定専用の認定カードです。

合同けん玉認定カード 2016 01
明けましておめでとうございます。

2016年、最初のブログ更新となります。

学童も今年最初の開所日を迎え、年末年始をそれぞれ楽しんだ子どもたちと、
「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。」
と、新年の挨拶をしました。

昨年より、ブログの更新を指導員が行うようになり、様々な方から
「ブログ見ました。」
「更新、楽しみにしています。」
とお声をかけていただいています。

まだまだ手探りな部分もありますが、今年もこのブログを通じて、学童保育(なかⅡ)の生活・行事のようす、子どもたちの姿をお伝えしていきたいと思います。

本年もよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。