なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、子どもたちが大好きなあそび道具の一つ、「カプラ」を紹介します。

カプラは、オランダの方が考案された積み木の一種で、このような↓

カプラ 1

同じ大きさの木片を積み重ね、様々な形を作るあそびです。

ブログで紹介するにあたり、カプラが好きな二年生の子に「ブログに載せたいから、カプラで何か作ってみて。」と頼むと、その子がすぐに組み上げてくれたのが、↓の作品です。

カプラ 2

同じ木片の組み合わせ方次第で、このトラックのような曲線のあるものでも作る事ができます。ちなみに、その子とこの作品に何個の木片を使用したか数えてみたところ、64個使っている事がわかりました。

カプラ 3

その他にも、どれだけ高く積めるか挑戦したり、複数の作品で街にしたりと、あそびの自由度の高さが魅力です。

なかⅡでは、坂道のコースを作ってビー玉を転がすあそびも流行っています。

カプラ 4

子どもの創造力をくすぐる魅力的なあそび道具です。指導員もその魅力に釣られて時々、子どもたちと一緒に楽しんでいます。

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/105-009db14e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。