なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、高学年の出店のお話を紹介したばかりでしたが、今日は低学年の子どもたちの出店をご紹介します。

…と言っても、ごっこあそびの「お店屋さん」です。昨日とは逆ですね。

「お店屋さんごっこ」そのものは、子どもたちの大好きなあそびの一つで、よくお店を広げている姿も見るのですが、今回のはいつもと一味違いました。

一言で表すなら「本格的」だったのです。いつもなら「とりあえずならべましたー」といった感じの商品の陳列も、ハンカチをひいてきれいに並べられているのです。そして、普段はごっこあそびをしていない子も、学童のありとあらゆる物を商品に見立て新規出店し、室内はさながら商店街のようでした。

子どもたちは口にはしませんが、そのあそびの随所から、高学年の子どもたちへの「あこがれ」を感じました。

この「あこがれ」は子どもたちにとって、とても大事なもので、その「あこがれ」をあそびの中で具現化しながら、やりたい事を自分で実現する力を身につけていきます。

あまりにも出店が多く、「指導員もお客さんやって!」と子どもたち。私も普段愛用している文具を「さんおくまんえん」で買わせていただきました。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/116-21241266
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。