FC2ブログ

なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は子どもたちが大好きなあそび、「マンカラ」を紹介します。

「マンカラ」をご存知の方は少ないかもしれませんが、アフリカや中近東、東南アジアなどの国であそばれている、伝統的なあそびです。

マンカラ

この写真は、実際にマンカラであそんでいるところです。

二人のプレーヤーが、お互いに自分の陣地の中にある石(なかⅡの場合はおはじき)を順番に相手の陣地に送りあい、自分の陣地にある石を先になくした方が勝ちというシンプルなルールです。「マンカラ」というゲーム名もアラビア語の「動く」という言葉からきているそうです。

石を動かす時は自分の陣地の六つの穴から一ヶ所だけ選び、そこにある石を隣の穴に一つずつ入れていく(種まきのような動き)という方法で、自分と相手の陣地を回りながら石が動いていきます。また、陣地の端にある穴(写真では丸い穴)は石の捨て場で、ここでちょうど石を置き終わった時は、もう一度、石を動かす事ができます。

お互いに石の数を把握してゲームを行うので、いかに先を読んで石を動かせるかが勝敗を左右します。ルールそのものはシンプルですが、とても奥が深いあそびです。

学童でも、1年生から上級生までいろんな子どもたちが楽しんでいます。それぞれに自分なりの作戦があるようで、自分の手番をできるだけ多くなるように動かしたり、後ろに石を溜めないようにしたりと、子どもたちの工夫があそびの中から見えてきます。

やっている子だけではなく、周りで見ていても楽しいゲームです。紙と石の代わりになる物があれば簡単にあそぶ事ができるので、興味のある方はぜひ一度やってみてください。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/120-e7fe0574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。