なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回お伝えした、「第50回全国学童保育研究集会(全国研)」が無事に開催されました。

1日目の「全体会」では、全国から5000人を超える学童への熱い思いを持った人々が「ラクタブドーム(旧称:なみはやドーム)」に集まりました。

最初に、開催地である大阪の学童っこと大人で「文化歓迎行事」を行いました。大人が、「三宅太鼓」を、子どもたちは「もしかめ(けん玉)」と「合唱」を披露し、最後は会場全体で平和への祈りを込めて「折り鶴」を歌いました。なかⅡの子どもたちも参加し、全国研のオープニングを盛大に盛り上げてくれました。

その後、基調報告と、大阪や「東日本大震災」で被災された東北の学童関係者から特別報告が行われ、記念講演として横浜市立大学名誉教授の中西新太郎さんが、「人が人のなかで生きていくということ」と題し、昨今の社会情勢を鑑み、子どもも大人も生きやすい世の中にするために必要なことを、学童保育が担う役割も確かめつつ、お話いただきました。

夜には交流会も行われ、日本全国の学童保育が文字通り一つとなった1日目でした。 

2日目は、大阪市立大学で「分科会」が実施されました。

全部で55の教室に別れて、様々なテーマで講義や講座、交流が行われ、それぞれの思いや考えを深め合いました。

2日間に渡って開催される中、あちらこちらで「またお会いしましょう!」と硬い握手をする姿が見られました。住む場所や地域の特色は違っても、「子どもたちに豊かな放課後を」という理念で繋がる、学童保育に関わる人々の力強さを、改めて実感する事ができる全国研となりました。

コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/132-9b092d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。