なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数ある室内あそびの中で、トランプと並ぶ人気の対戦カードゲームに「ウノ」があります。

基本的なルールは、「四色の数字と記号のカードを、前の人が出したカードに併せて出していき、先に手札を使いきったプレイヤーが勝利する。」というものですが、こういったゲームには難易度の調整や、ゲームの面白さを深めるために、「ローカルルール」が存在します。

学童の中でも、下級生が入りやすいようにしたり、やり込んでいる子たちが意図的に難易度を上げたりと、1つのあそびの中にも様々なローカルルールが存在し、ある程度みんなに定着したものを子どもたちや指導員で「なかⅡルール」と呼んでいます。

ウノ 2016 02 09

あそびの中では関わる人数が増えるほど、ルールをめぐって意見が対立したり、時には言い争いになることもあります。しかし、それをきっかけに「みんなが楽しくあそべるルール」をあそんでいる子どもたち自身が考え、全員が納得できる方法を話し合いの中でつくりだしていきます。

こうした「ルールを守る」、「みんなが納得できるルールをつくる」過程を通して、子どもたちはあそびの中で、社会性の基礎を築いていきます。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/149-8ae6a499
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。