なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪市の学童保育があぶない!?
2015年 新たな制度のもとで!!


 2015年がはじまりました。今年もよろしくお願いします。
 今年は、いといろな意味で変化のある年になるでしょう。学童保育にとっても、この4月から「子ども・子育て支援新制度」のもとで実施することになります。大阪市から、この新制度のもとで具体的にどうやっていくかはいっていません。しかし、学童保育にとって危惧する動きもあります。私たちの署名や今、声を上げていくことが求められていきますので、よろしくお願いします。

今、どんな動きになっているの?
 今、どんな動きになっているの?どうなるの?と。まず、どうなるの?ですが、このまま大阪市が言うままにしていけば、私たちの学童保育は、つぶされていきます。すぐに補助金を打ち切ることはないでしょうが、じわじわつづされていくことになりかねません。その背景には「児童いきいき事業」との関係があります。誤解をしてはいけないので言いますが、「何も、いきいき事業がダメだと言っているのでありません。「いきいき事業」は文部科学省所管で、「放課後子ども教室推進事業」として実施してやっている。そのことは否定するものではありません。大阪市も「放課後子ども教室推進事業と合致している」と公にしています。一方で、私たちの学童保育は、大阪市が公にしていっているのは『本市の「留守家庭児童対策事業(学童保育)」は(中略)児童福祉法(第6条の2第2項)に位置づけられた放課後児童健全育成事業」として実施するのものである』と言っています。
 いわば法律に基づいてやっていることになります。ここまで理解していただけたでしょうか・文章にするのは難しいのですが、そこで今、どんな動きに大阪市はなっているのか?です。紙面の関係もあるので簡潔にいうと、大阪市が「大阪市子ども子育て支援計画(素案)」を発表しました。そこで大阪市がやってきたのが、放課後児童健全育成事業に「児童いきいき放課後事業を含んでいますよ」と打ち出しています。整理していえば、

●いつから、児童いきいき放課後事業は放課後児童健全育成事業となったのでしょうか。
・国が事業計画で求めたのは放課後児童健全育成事業=放課後児童クラブ(学童保育)
・ところが「素案」では放課後児童健全育成事業として児童いきいき放課後事業と留守家庭児童対策事業(いわゆる学童保育)の2事業を明記。「事業実績」にも「量の見込み」及び「確保方策」にも。
・児童いきいき放課後事業は、文部科学省推進の放課後子ども教室。学童保育は放課後児童健全育成事業であり、児童福祉法に基づいた法定事業


●放課後児童健全育成事業は児童福祉法に基づいた法定事業です。
・児童福祉法による放課後児童健全育成事業の位置づけ
「この法律で、放課後児童健全育成事業とは、小学校に就学している児童であって、その保護者が労働等により昼間家庭にいないものに、授業の終了後に児童厚生施設等の施設を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業をいう。」(児童福祉法「事業」第6条の3②)


●何故、放課後児童健全育成事業に児童いきいき放課後事業が含まれたのでしょうか。
・大阪市の放課後施策の中で、放課後児童健全育成事業に適合するのは学童保育(留守家庭児童対策事業)と、いきいきクラブ(児童いきいき放課後事業留守家庭児童対策事業)の2事業のみ。
・ニーズ調査のごまかし
 大阪市のニーズ調査(就学児童の保護者対象(3月6日~3月19日)実施
 放課後関連では「放課後の居場所を提供する事業」の項目で調査
  留守家庭児童のニーズ見込み量は、38,143人
  現行の放課後事業健全育成事業の受け皿が必要(施設数でいえば950ヶ所・1施設定員40名で換算)
  現行の施設数は142ヶ所(学童保育108ヶ所、いきいきクラブ34ヶ所)、808ヶ所が不足
・「素案」は「放課後の居場所を提供する事業」で抽出された量をそのまま見込み量の目標値を示している


 そういう動きがあるとおさえてもらいながら、パブリックコメントが1/5~1/30 はじまっています。くわしくは近日中にお伝えします。みなさんのご協力お願いします。 署名もいっぱい集めてください。

今年もよろしくお願いします。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/82-0409056e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。