なかよし学童パート2

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもの笑顔が輝くとき!
子どもたちの遊びの世界を覗いてみると、そこには笑顔があります。目をキラキラ輝かせる子どもたちのまなざしがあります。このまなざしには、優しさがあり、仲間との共感的な楽しさが見えます。時にはライバル意識になってぶつかりあうこともありますが、そこには思いあう心があるのか、すぐに仲直り……になります。先日の話をしたいと思います。

仲間の中で思う心

ある2人の2年生の男の子が学校から帰ってきました。名前を出すのはやめますが、AくんとBくんにしましょう。AくんとBくんが一緒に帰ってきました。
Aくんの顔を見ると、顔をすりむいていたので、「どうしたん?」と、指導員が聞くと、少し茶化すようにBくんが「学校で3年生に乗られて、倒れて……」と話だし、 それを聞いていたAくんが、その言い方が気に食わなかったのか怒り出しました。Bくんはちょっと気まずい思い――。Aくんは怒り、Bくんに怒りをぶつけて勉強道具を持って6階に上がっていきました。
Bくんは「まずいなぁ」という表情です。Aくんは6階の隅の方で普段と変わらなく宿題をしていました。
しばらくしてBくんがよそよそしく6階へ上がってきました。いつもとは違う表情で、おとなしくやってきました。目線はA君の方を見つめながら……。
Bくんが入ってきたことに気がついたAくんが、Bくんに声をかけ、話しかけました。その話しかけられたBくんの表情が何とも言えません。にっこりと微笑んでいます。何か嬉しかったのか、5階へ下りて、「仲直りしてもらった」と、5階にいた指導員に話をしたようです。
ケンカしたり、許しあったり、仲間の中ではじめながら思いある心が見えました。
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://nakayoshigakudou2.blog.fc2.com/tb.php/83-9945ec6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。